福祉、介護の仕事はどのようなものがあるのか

福祉、介護の仕事はどのようなものがあるのか

同じパートをするのなら、やりがいのある仕事がしたいと思い
福祉、介護の仕事をされているパートの人が多くみられます。

 

 

福祉、介護の仕事は、人手不足でこれからも必要な仕事

日本は高齢化が進んでおり、介護が必要な高齢者は、今後ますます増えるのが現実の問題ですが介護に携わる人員は、人手不足の状況です。
多くの施設では、パートやアルバイトを必要としています。

 

同じ仕事をするのなら、やりがいのある仕事ということでお探しならば介護の仕事は、お世話をした高齢者から、感謝をされる仕事です。
介護の仕事に携わることで、将来自分の身内に、介護が必要な人が出た場合にもすでに経験済みの為、対応も出来どのような介護サービスがあるかなどの、こともわかり将来役に立つ知識が得ることができます。

 

介護の主な仕事

生活援助(調理、清掃、洗濯等)身体介護(おむつ交換、入浴のお手伝い等)ですが施設によりレクリエーションなどの仕事もあります。

 

生活援助の仕事内容であれば、主婦の仕事をそのままであるということなのでその道のプロとも言えます。慣れない仕事を1から覚えるのとは、大きな違いがあります。

 

老人ホームなどで、高齢者の話し相手になっていると、今まで自分の生きてきた世界とは違う経験をしてこられた、ご高齢者のお話を聞くことなども出来、仕事のスキルのみの上達ではない自分の人間性の向上ができる職場です。

 

 

福祉、介護のパートで働く人の現状

約3分の2の福祉施設で、パート、アルバイト、非常勤の人が働いています。
施設でなく、訪問介護などの求人も多くあります。

 

施設では、介護施設、デイサービスの施設、老人ホームのように、24時間体制のところなどもあり働く時間帯も自分の都合にあったものを、選ぶことができます。

 

時給も、仕事内容に応じて支払われますが、身体介護では時給1600円以上のところがほとんどです。生活援助なども1000円以上です。

 

身体介護は、体力のいる仕事で、テクニックや資格などがいる介護もありますが働きながら、資格を摂れるような、サポートをしてくれるところも多くあり研修会などを設けています。

 

働きながら、資格を取ると給料のアップもあり、正社員に登用される可能性もあります。