保育所に入る倍率も条件ハードルも非常に高くなっています。

待機児童の現状

待機児童は現在も多いため、一種の社会問題になっています。
待機児童がいる家庭だと、母親もパートに出ることが難しいため、女性の社会進出の点でも大きな問題になっているのです。

 

待機児童が多い原因について

まず、待機児童とは、保育所に子供を入れることができず、家に待機せざるを得なくなってしまっている状況のことを言います。

 

そのため、保育所で受けられるはずの教育も受けることができず、母親の方の負担も大きくなっています。特に、現代は女性の社会進出を奨励しているため、パートで働くなどのチャンスを活かせないことが現状になっています。

 

待機児童が多くなってしまう原因は、受け入れる保育所の数が少ないことにあります。
保育士の数が少なく、保育所の数も少ないため、児童を受け入れるための環境が整っていないことが原因になっているのです。

保育園イメージ

 

本来は、児童を保育所に預けたいと希望する家庭数と、保育所の数との均衡がとれていることが自然な状態です。
しかし不景気といわれる状況になってから、女性も働きに出なければ家計が成り立たなくなるような状況になってしまったため、児童の受け入れ希望数がどんどん増えていったのです。

 

そのため、受け入れ可能数に上限を設けている保育所との均衡が保てなくなってしまったというわけです。
子供を保育所に預けることができなければ、女性がパートとして働くことができないため、問題となってしまうのです。

 

待機児童数においては、東京都が突出して多いことが現状となっています。

そのため、保育所に入ることを希望するにあたっての倍率も相当に高くなってしまっているのです。

 

保育所に入るにあたってはハードルがいくつかあり、経済状況もそのハードルの一つとなっています。

子供を保育所に預けて働きに出たいのに、働き口を見つけなければ保育所の許可が下りないというのは非常に厄介な問題です。