どのようにしてパートの求人を探せばいいのでしょうか

パートの求人の探し方

パートを探すなら、多くの募集の中から、自分に合ったものを探すのが理想であると思いますがどのようにさがせばよいのでしょうか。

 

 

パート求人情報サイトがおすすめ

パートを探すのに、ハローワークに行って探している主婦の方も多く見かけます。
ハローワークが近くにない場合など、わざわざになることも多くあります。

 

パート求人情報のネットのサイトが、多くあり、ハローワークよりも求人数もかなり多くあります。
検索もたとえば、自分の住んでいるところに近いものはどれかや最寄りの駅、時給、など絞り込んで決めることが可能でどのような仕事など、調べやすく、応募までできます。

 

有名なところでは、「タウンワーク」で探す場合、フリーペーパーなども見かけますが件数では、ネットの方が多く見つかります

 

その他にも、新聞のチラシなどにも、求人がよくみつかりますが探しやすいという点では、ネットが一番探しやすいようです。

 

 

扶養控除内OKの職場を探す

家事と、育児の合間の時間を利用して仕事を探すとなると、平日に2~3時間程度の時間働ければという条件で仕事を探すケースも多いと思います。
しかも扶養控除内に、給料が収まる範囲内で働きたいという希望もあると思います。
そういうわがままに対応してもらえるような、職場が求人の時に提示してある場合があります。

 

シフトのある、コンビニや、スーパーマーケットならばそのような要求には慣れているので調整をしてくれます。
仕事を決める前に、確認しておくことも大切です。

 

「扶養の範囲内」ならば、月給8万円くらいになり、その範囲で働くならば、家庭にもあまり負担もない職場が見つかります。

 

 

パート、アルバイトの現状

現在、アルバイトや、パート採用の仕事、飲食チェーン店や、コンビニエンスストア、スーパーマーケット等は主婦や、学生アルバイトが人材の主力となっています。
そのような業界では、人手不足が問題になっており、募集をかけてもなかなか集まらず時給をアップしても、思うように見つからないという状況です。

 

 

パートが見つけられない、面接で落ちるという場合

求人の件数は多いのに、見つけられないという理由は、条件を絞りすぎているなどの可能性もあります。
やってみなければわからないことは多くありますので気になる仕事には、応募してみましょう。

 

面接で落ちるという人は、自分に合った職業を選んでいない可能性があります。

 

自分ではそうは思わないけれど、服のセンスが悪いのに、アパレル関係の販売などは面接で落とされます。普通のコミュニケーション力と、マナーが身についている人ならば、人手不足の現状ですので問題はないと思います。

 

自分に合った職業がわからないという場合は、資格があるならそれを生かし独身時代の実務経験があるならばそれを強みに探せばよいでしょう。
分からないから、何もしないのではなく、わからないから、とにかくやってみるという姿勢も大切です。