応募書類の準備~履歴書の書き方の注意点~

応募書類を準備しましょう~履歴書の書き方の注意点~

応募書類とは、履歴書職務経歴書送付状の3点です。

 

パートの応募の際に必要な書類なので、きちんと書けていないと、その時点で採用が没になる可能性もありますので重要なものです。

 

 

履歴書の書き方

履歴書は、日本法令のものなどがコンビニなどでも売っているので、その書類に記入します。
テンプレートを無料でダウンロードして印字することも可能です。

 

書類の空欄を埋めていくという形ですので、比較的簡単だと思います。
ワード、エクセル、PDFなど、ネットで探せばいろいろなものが見つかります。
いずれも、同じような内容で、必要な項目が記入できるという形です。

 

基本は黒の万年筆で書きますが、万年筆が慣れていないというならば、万年筆のようにかける水性ボールペンで手書きで記入するのが原則です。

 

手書きが良いというのは、文字にはその人柄などが表れ、採用を決定するかどうかの判断基準ともなるからです。

 

自分は、悪筆でという人は、パソコンで書きたいと思いますが、書類の使いまわしという感覚があり、印象があまり良くない場合もあります。
わかりやすく、丁寧に、できるだけきれいに書くことを心がけましょう。

 

丸文字や、極端に小さい、細いなどで読みづらい、走り書きの様な印象のないように、バランスよく書くようにしましょう。

 

パソコンが使えるということを、アピールしたいのであえてパソコンでと考えているならば職務経歴書はパソコンで作成すれば、そのことは伝わります。

 

不備のない書類作成を心がけ、特に捺印も忘れないようにしましょう。
不備がある、書き忘れなどがあると、真剣ではないと判断される可能性があります。

 

写真はできれば、写真館で写してもらうと、プロのアドバイスもあり履歴書用でとおねがいすれば、そのように映してくれます。
面接に行くような服装、髪型で、表情も明るくしましょう。

 

住所や学校名の省略はせずに、面倒でも正式名称を書きます。
連絡先の電話番号も、自宅の電話と自分の携帯電話、メールアドレスなども記載しておき連絡の取りやすいようにしておきます。

 

志望動機の欄には、本音と建前があるので子育てがひと段落したからという理由で、働く場合でもそうは書かず働きたいという意欲の感じられる文章にします。

 

特に、ネガティブな内容はこの欄には、書かないようにします。

 

自己PRは面接の際の話題作りという感覚で記入し、社会常識のある人かどうかの判断材料にもなります。

 

たとえば、マラソンが趣味で、マラソン大会に参加したようなことなどを記入すれば体力に自信がありそうで、欠勤もなさそうだという印象になります。