一緒に家にいる時は、できるだけ子供と接するようにしましょう。

パートをすることでの子供への影響

求人倍率の関係で、女性が社会進出することができるようになると、子育ての面で環境が大きく変化します。
これによって子供が受ける影響は大きいです。

 

良い影響もありますが、悪い影響もあります。
そのため、悪い影響をなるべく小さくすることができるように工夫する必要があるのです。

 

 

パートをすることで子供に与える良い影響

母親がパートをするようになることで、子供が自立しやすくなります。
母親がいれば、何でも頼ることで物事を解決しようとしますが、母親がいなければ、自分で物事を考える機会が増えるようになります。
そのため、人に頼らずに行動できるような自立心が促されるというわけです。
いずれは自立して生きていくことが求められるのが社会であるため、早い段階で自立心が育つことは非常に良いことです。

 

パートをすることで子供に与える悪い影響

パートをすることで問題になることがあるとすれば、それはコミュニケーションの機会が少なくなるということです。
子供と一緒に話をすることや、行動する機会が少なくなってくると、子供と気持ちのすれ違いが生じるようになります。

 

親としては、子供との仲が悪くなることは本望ではありませんし、子供が社会的に間違った考え方をしていることを把握してとがめることができなければ、子供が問題を起こしてしまうような事態にも発展しかねません。
そのため、子供との時間が作れなくなることによって悪影響が生じるのです。

 

子供とコミュニケーションをとることが必要不可欠

例えパートをすることで子供と接する機会が減ったとしても、コミュニケーションをとる機会が全く失われたわけではありません。
そのため、家にいるときはなるべく積極的に子供とコミュニケーションをとり、気持ちのすれ違いを防ぐことが重要になってきます。