主婦が気になる「扶養の範囲内」のしくみ

「扶養の範囲内」とは

よく「扶養の範囲内」で働くということを耳にしますが、一体どういうことなのでしょうか?
夫の税金を計算する時に配偶者控除を受けれるかどうかという問題があります。

 

配偶者の給料が年間で103万円以下の場合この配偶者控除を受けれます。
(103万円とは給与所得控除65万円+基礎控除38万のことです。)
しかし配偶者の仕事が自営などの場合は給与所得控除はありませんので注意しなければいけません。

 

そしてもう一つ、社会保険の扶養です。
健康保険や年金は年収130万円を超えると夫の扶養を外れ自身で払わなくてはいけなくなります。

 

 

この収入を超えると損をするのか?
どうすれば一番お得なのでしょうか?

 

まずは夫の収入と合わせて世帯収入で考える事が大事です。

 

例えば

  • 夫の年収が500万円
  • 税金は所得税10万7500円+21万2500円

 

妻の年収が100万以下
世帯収入がアップします。

 

妻の年収が103~130万円
年収103万円を超えると配偶者控除は受けれなくなりますが、141万円までだと配偶者特別控除が受けれます。
所得税や住民税がかかりますが、世帯収入はアップになるといえるでしょう。

 

妻の年収が130万円以上
税金と社会保険を自身で負担しなければいけません。
世帯収入はアップしますが税負担も増えます。
もし年収130万以上になるのであれば、160万円以上を目指すといいでしょう